claretianph.com

WEBデザイナーの面接で、相手に好印象を持ってもらうには

受験勉強にWEBを利用する WEBデザイナーになる為には、当然ですが面接を受けて合格をしなくてはいけません。ですが、一般的な事務とは異なり、自分が今までどういったサイトを作ってきたのかというアピールをする為に、ポートフォリオを作る必要があります。せっかくWEBデザイナーになる為に沢山の知識を身に付けていたとしても、ポートフォリオで上手に自己アピールが出来ませんと、面接官に好印象を持ってもらえなくなる可能性がありますので、注意が必要です。では、面接官に良い印象を持ってもらうための、完成度の高いポートフォリオは、どのようにして作れば良いのでしょうか。

一番大切なのが、情報量を考えるという事です。一つのサイトのポートフォリオを作った時に、単にキャプチャを載せるだけでは、面接官に何のアピールをする事も出来ません。ですので、自分の言葉で文章を書く必要があるのですが、これは長すぎても短すぎても相手の印象を悪くしてしまう可能性があります。特に長すぎる文章は、面接官も最後まで読んでくれませんので、相手にきちんと内容を簡潔に伝える為にも、文字数は300文字までを目安に作るようにしましょう。そうすれば、面接官にも見やすいポートフォリオを作る事が出来ますので、採用率もアップする事でしょう。

サイトリンク

Copyright (C)2019受験勉強にWEBを利用する.All rights reserved.